稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

「中性脂肪」と「コレステロール」って何??

中性脂肪とコレステロールの自己診断

「中性脂肪」と「コレステロール」って何??
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

① 中性脂肪

皮下脂質や内臓脂肪に蓄えられ、外部からの衝撃から体や内臓を守る役割を担います。
また、人間が体を動かす際のエネルギー源となります。ただし、体内に蓄えられすぎると生活習慣病の原因となります。

②コレステロール

人体に約60兆個ある細胞を構成する細胞膜やホルモン、肝臓で作られる胆汁酸(脂肪の消化を助けてくれるもの)の原料となります。リン酸とタンパク質にコーティングされて血中に溶け込み、全身に運ばれます。

③遊離脂肪酸

コレステロールと同様に細胞膜を形成する成分で、体内で脂肪が運ばれたり蓄えられたりするときに、タンパク質と結びつく働きをもっています。

また、水と脂肪酸の両方の性質をもつため、水と油をなじませる性質もあります。

④ リン脂質

人間が活動する際に必要なエネルギーは血液中の糖分から供給されます。

このとき、糖分が少ないと脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解されて遊離脂肪酸となり、血液中に出て、体内の各組織のエネルギーとなるのです。

中性脂肪とコレステロールの働き

中性脂肪は、HDL(善玉)コレステロール、LDL(悪玉)コレステロールは、バランスが大事!! 

コレステロールは悪いものと思われがち。多すぎるのはもちろんNGですが、不足してしすぎても体調を崩してしまいます。
なお、LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールのバランスは、LDL値とHDLちの比率英(L/H 比)で調べることができます。

比率が2以上の場合は、動脈硬化が始まる可能性が出てくるため、主治医に相談しましょう。

人間に不可欠な脂質だがバランスを大切に

「中性脂肪」や「コレステロール」という言葉を聞くと、悪いものでできるだけ排除すべきものと考える人が多いかもしれません。

たしかに、これらの言葉と同時に「動脈硬化」や「心筋梗塞」といった恐ろしい病名を目にする、耳にする場合が多いため、、両者とも人体にとって悪いものであると認識されがちです。

もちろん、これら恐ろしい病名と密接な関係があることは事実です。

しかし、本来中性脂肪とコレステロールは、本来人間が活動していくうえで、なくてはならないものです。

まず、コレステロールは血中のなかに存在する「脂質」の一種で、細胞膜やホルモン、胆汁酸の原料となる大切なものです。
しかし、多すぎると体に悪影響を及ぼします。なお、血液中の「脂質」には、コレステロールの他に遊離脂肪酸、リン脂質、そして後熟する中性脂肪があります。

コレステロールは脂質であるため、そのままでは血液に溶け込めません。
そこで「アポたんぱく」という特殊なタンパク質と一体化することで「リポたんぱく」という粒子になり全身の血液を循環し、リポたんぱくは脂質を血液中に運ぶ役割とします。

全身にコレステロールを運ぶものをLDL(悪玉)、余ったコレステロールを回収して肝臓に戻すものをHDL(善玉)と呼びます。

LDLによって全身に運ばれるコレステロールの供給量が多すぎると、その余分なものが血管壁に溜まり動脈硬化の原因となります。
LDLが「悪玉」と呼ばれるのはそれが理由となります。

1方、HDLは余分なコレステロールを回収し、動脈硬化を予防するため「善玉」と呼ばれます。

また中性脂肪も、コレステロールと同様に体内に欠かせない脂質のひとつです。

中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪に蓄えられ、本来は体温の維持や外部からの衝撃吸収、体のエネルギー源となるものです。

しかしこの中性脂肪が上がりすぎるとHDL(善玉)コレステロールが下がってしまい
その結果、動脈硬化が進行してしまう危険性もあります。

中性脂肪もコレステロールも、バランスが大事といえるでしょう。

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
1
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

ピックアップ!

ピックアップ!

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

月別アーカイブ

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?