指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

脂質代謝異常は「警告としての生活習慣病」

中性脂肪とコレステロールの自己診断

脂質代謝異常は「警告としての生活習慣病」
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

脂質代謝異常とは?

コレステロールや中性脂肪が血液中に増えすぎる病気を脂質代謝異常といい、動脈硬化の原因になります。

■脂質代謝異常の判定基準
 
 LDL(悪玉)コレステロール値=140mg/dl 以上 ・・・ 高LDLコレステロール血症
 HDL(善玉)コレステロール値= 40mg/dl 未満 ・・・ 低HDLコレステロール血症
 中性脂肪値=150mg/dl 以上 ・・・ 高中性脂肪脂肪血症

※いずれか一つでも基準に該当すれば、脂質異常症の疑いあり!


痛みやかゆみなどの自覚症状がないため、体調の異常に気付きにくい

               ⇓

ある日突然、脳梗塞や心筋梗塞を発症し、倒れることも!

血中の脂質(脂肪の仲間の総称)がふえすぎている状態を脂質異常症といい、れっきとした病気です。
人間の血液中の脂質は、大きく分けて、コレステロール、中性脂肪(トリグリセライド)、リン酸、遊離脂肪酸の4種類があります。このうち、脂質異常症として問題となる脂質はコレステロールと中性脂肪脂肪です。

コレステロールはともかく悪者視されがちですが、生命の維持にはかかせません。
細胞膜やホルモン。胆汁酸の材料や原材料であるためコレステロール不足も病の原因となります。
というものの、食べすぎや脂肪分の摂り過ぎ傾向が問題視される現在、注意が必要となるのは、やはりコレステしかし
ロールが多すぎる場合です。
動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの数々の生活習慣病の引き金になるからです。

一方の中性脂肪ですが、これはエネルギーとして燃やされ残りは皮下脂肪などの体脂肪として蓄えられます。
しかし、中性脂肪も血液中に増えすぎると生活習慣病を招くことに招くことになります。

実際、心筋梗塞や脳梗塞を起こした人の多くは、コレステロール、中性脂肪ともに高いことがわかっています。

では、コレステロールと中性脂肪脂肪が血液中に増えすぎるとなぜ動脈硬化になるのでしょうか?
それは、血液中でのコレステロールと中性脂肪の働きが違います。

コレステロールや中性脂肪脂肪は ”油 ”ですから、水(血液)にはとけません。
そこで血液中では、アポタンパクと呼ばれるたんぱく質と結びついたリポタンパク質という粒子の様な状態で存在しています。
リポタンパクは、大きさによって、カイロミクロン、超低比重リポタンパク(VLDL)、低比重リポタンパク(LDL)、高比重リポタンパク(HDL)の4種類に大別されます。

中性脂肪を運ぶ機能があるものが主にカイロミクロンとLDLで、コレステロールを運ぶ機能があるものがLDLとHDLです。

私達が食事でとった脂肪(中性脂肪)はまず小腸で球種され、小腸でつくられるカイロミクロンンと結ぶついて血流に入り、エネルギーが必要な筋肉や脂肪組織へ送られます。
残りはカイロミクロンレムネントとして肝臓のに運ばれ、再合成されてVLDLになります。

このいわば、肝臓でつくられた運搬船でありVLDLは、肝臓でつくられた中性脂肪脂肪を筋肉や脂肪組織へ運びます。残りは分解させたIDL(中間リポタンパク)を経て、一部はLDLまで変化します。

LDLはコレステロールの末梢の組織へとはこびます。すると細胞にあるLDLの受け口(レセプター)がこれをうけとり、細胞はLDL中のコレステロールを利用します。

使いきれない細胞の中で分解され、そして再構成され細胞膜の表面に出てきます。
こうした余分なコレステロールを末梢組織から回収して肝臓へ戻すのがHDLなのです。
このようなコレステロールの輸送の働きによって、細部は一定以上のコレステロールがたまらないようになっています。

しかし、LDLが増えすぎたり、HDLが減ってしまうと、血液中や血管壁にとどまる余分なコレステロールがふえ、それが動脈硬化の大きな原因となります。
ちなみに、異様のようなLDLとHDLのはたらきから、いつしかLDL中のコレステロールを悪玉コレステロール、HDL中のものを善玉コレステロールと呼ぶようになりました。

生活習慣の乱れが恐ろしい病を引き起こします。

血液中の中性脂肪やLDL(悪玉)コレステロールが必要以上に増えたり、HDL(善玉)コレステロールが少なくなったりする状態を「脂質代謝異常」と言いますが、以前は、「高脂血症」と言う名で呼ばれていましたが、HDL(善玉)コレステロールが低すぎてもよくないので、「脂質異常症」という名称に変更されました。
脂質異常症は、高血圧や糖尿病、喫煙と共に動脈硬化を引き起こす原因とされ、これらはまとめて四大危険因子と呼ばれています。

脂質代謝異常症の主な原因は生活習慣の乱れがほとんどです。
偏った食事やアルコールの過剰摂取。日頃の運動不足などにより発病のリスクが上がってしまいます。
そして、脂質異常症の一番怖いところは、自覚症状がないと言うことです。
どこかに痛みやかゆみを感じるわけではないため、知らないうちに動脈硬化などの症状が進行しているケースも多くあるのです。

専門機関などの検査結果でLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪の値が高いそのときは少し気にするが、「私生活するうえで特に異変がないから大丈夫」などと気にしない人もいるかもしれません。しかし
脂質異常症は「警告としての生活習慣病」と考えてください。
その状態から改善を目指せば健康な体を取り戻すことは可能ですが、そのまま放置していると、最悪の場合、脳梗塞の引き金にもなってしまうことを心得ておきましょう。

先に述べたように、「脂質異常症」は生活習慣の乱れが最大の原因です。
基本的な治療は、そういった悪い生活習慣を改善していくことになります。

そのため、最初の段階では薬に頼らない方法での治癒を目指します。
ある程度の期間をおいても改善が認められない場合には、主治医と相談してその後の治療方法を決めるようにしましょう。
生活習慣の改善と平行して薬を服用するという方法もあります。

脂質代謝異常の判定基準

あなたは大丈夫?

脂質異常症の危険度チェックリスト
-----------------------------------------------------------
☑ 食事はお腹いっぱいになるまで食べる

☑ 清涼飲料水(炭酸飲料やスポーツドリンクなど)をよく飲む

☑ 間食でお菓子やアイスクリームをよく食べる

☑ 肉の脂身やレバーなどが好き

☑ 毎日の晩酌は欠かさず、酔っ払うまで飲むことが多い

☑ 夕食の時間が不規則で深夜に食事をすることが多い

☑ あまり体を動かさない

☑ 太り気味でお腹が出ている

☑ 野菜を食べる量が不足していると感じる

☑ ファストフードやレトルト食品をよく食べる
-----------------------------------------------------------


■7~10個
 コレステロールや中性脂肪の値が高いと思われます。医療機関で検査を受け、生活習慣病を改善しましょう。規則正しい生活で数値は下がります。

■1~6個
 現状でコレステロールや中性脂肪の値が高めであるか、今後高くなる可能性があります。食事の仕方や運動など、生活習慣を見直しましょう。

■0個
 いまのところは心配なさそうです。ただし、加齢や環境の変化などがあるため油断はできません。今の生活習慣を継続するように心がけましょう。




藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!