オレイン酸の作用とは?

中性脂肪,コレステロール,メタボ,ダイエット,悪玉コレステロール

オレイン酸の作用とは?
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

オレイン酸は悪玉LDLコレステロールだけをさげ、過酸化脂質の発生を防いでくれる脂肪酸です。

動脈硬化は悪玉LDLコレステロールと活性酸素が共犯することでおきます。
LDLコレステロールは、ふだんはたいないの必要なところにコレステロールを運ぶという需要な役割を果たしていますが、活性酸素と出会うと真の悪玉に変化してしまいます。

活性酸素は毒性の強い酵素で、紫外線や呼吸でとり込んんだ酸素からも発生します。体内に侵入した細菌やウイルスなどをやつけてくれる面もあるのですが、過剰に発生すると悪さをしでかすことになります。

過剰に発生した活性酸素はLDLコレステロールを酸化させたり、脂肪酸を酸化させて有害な過酸化脂質に変えます。
そして酸化されたLDLコレステロールと過酸化脂質は動脈の内壁を傷つけたり、最終的には動脈硬化を完成させてしまうのです。

つまり、動脈硬化を防ぐのには、活性酸素とLDLコレステロールを必要以上に増やさないことがとても大事になってきます。

この二つのうちLDLコレステロールの増加を取り締まってくれる脂肪酸があります。それはオレイン酸です。

オレイン酸は不飽和脂肪酸の一種でオリーブ油に非常に多く含まれていることはよく知られていますが、アーモンドやマカデミアンナッツなどにもふくまれています。

同じ不飽和脂肪酸の一種にコーン油やサフラワー、ひまわり油などに多く含まれるリノール酸があります。
一時期、リノール酸は健康によいといわれましたが、実は酸化されやすく、過酸化脂質をつくってしまうのです。
また、悪玉LDLコレステロールをさげる働きはあるものの、善玉のHDLコレステロールまで下げてしまうという欠点もあります。

その点、オレイン酸は酸化されにくくリノール酸に比べ過酸化脂質の発生がふせげます。
しかも善玉のHDLコレステロールを下げず、悪玉LDLコレステロールのだけを下げる働きもあるので余分なLDLコレステロールが活性酸素によって酸化される心配も減るでしょう。

動脈硬化の危険性を少なくするためにも、オレイン酸を豊富に含んだ、例えばオリーブオイルを積極的に取り入れることがすすめられます。

ただ、そんなオリーブオイルでも取り過ぎると肥満の原因になってしまいます。
ふつうの日常の食用油として料理に使うといいでしょう。

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ