β-カロテンを十分にとるコツ

中性脂肪,コレステロール,メタボ,ダイエット,悪玉コレステロール

β-カロテンを十分にとるコツ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

βカロテンを十分にとるコツは、毎日の食卓でにんじんを上手に活用することです。

β-カロテンはを上手にとるには緑黄色野菜を積極的に食べることですが、中でもお勧めなのがにんじんです。

にんじんのβ-カロテンの含有量は、野菜の中でもトップクラスで、1本あたり(200g)に約18mgも含まれています。
また、にんじんは食物繊維がとても豊富で、これに対して体内のコレステロール値を下げる働きがあります。

このほかにも、にんじんにはビタミンBやC、E、カルシウム、カリウムをはじめとした各種ミネラル、酵素タンパク質など様々な栄養素が含まれます。

[資料]五訂日本食品標準成分表

出典 http://

もっとも、にんじんは食品としての欠点もあります。

それは生で食べた時の栄養素の吸収率の悪さです。人参の細胞は非常に丈夫であるために、それを壊さないとβ-カロテンをはじめとする有効成分を効率よく摂取することができないのです。

そこで、にんじんを調理するときは、細かく刻むことをおすすめします。すりおろしたりジュースにして飲めばさらに効率よくにんじんの成ゆうこうせいぶんをとることができます。

ただしにんじんはアスコルビナーぜというビタミンC酸化酵素がふくまれます。
すり下ろすとこの酵素が働き始まます。

ビタミンCにの働きを抑えてしまうのです。すぐに酢を加えるか、熱を加えるかすれば、この酸化酵素が働かないのですりおろしたにんじんは、例えば、スープなどにして食べると有効的です。

加熱してもβ-カロテンなどの栄養素成分の損失はほとんどありません。

ジュースの場合もジューサーにかけたらすぐに飲むようにしましょう。にんじんの栄養素を、胃腸に負担をかけることなく速やかに吸収できます。

コレステロール 中性脂肪が下がる200のコツ

出典 http://

β-カロテンは脂溶性なので、にんじんと油といっしょにとると体内でのβ-カロテンの吸収力はグンとアップします。

にんじんを使った料理に油を使ってなくても、別の料理に油が使われてあって、それを一緒に食べれば同じ効果が得られます。

他の食品と合わせる場合には、特に牛乳がおすすめです。たとえば、にんじんといっしょに、玉ねぎとじゃがいもをすりおろして牛乳を加えて作るポタージュなどは、牛乳の乳脂肪が食用油の役割を果たし、β-カロテンの吸収率が高まります。

にんじんの値段も手ごろで色々な料理に利用しやすいので、サラダや煮物、野菜炒めなどの具としてもっと活用してみましょう。β-カロテンはとりすぎても過剰症の心配ははいので、にんじんは多めにとっても全く問題ありません。

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法