60歳からのコレステロールの減少は油断禁物

中性脂肪とコレステロールの自己診断

60歳からのコレステロールの減少は油断禁物
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

HDLが減ってしまうと血管障害も引き起こしやすくなる??

よく「年をとったせいか脂身の肉を食べたくなくなった」などと耳にします。
確かに年をとると動物性脂肪の摂取量が減少します。
また70才頃を境に、臓器や器官が老化して脂質を代謝する機能が低下してきます。

こうした理由で、実は70才を過ぎると血液中の総コレステロール量は自然に減少していきます。

しかし、ここで注意が必要です。健康診断などで総コレステロール値をチェックして「値が低いから安心」と思う人は多いでしょうが、必ずしも安心ではないのです。

善玉のHDL、悪玉のLDLそれぞれの数値もきちんとチェックしておかなければなりません。総コレステロール値が減ったとしても、動脈硬化の原因となる善玉のHDLの量もへっている可能性があるのです。

善玉のHDLの低下には60才ころから特に注意すをすべきですが、その理由は、60才ころにに気を付けていれば、心筋梗塞や脳梗塞などの血管障害を予防できる可能性が高くなり70~80才になっても自力で生活できる可能性が高いからです。

70才、80才近くまで善玉のHDLの減少を放っておくと、血管障害を起こす可能性が高くなります。

それでは、善玉のHDLだけ減少してしまうということは少なくはないものの、同時に中性脂肪値が高いと言われたらHDLが減少しているのではないかと疑う余地がおおいにあるのです。

日本はこれから高齢化社会を迎えますが、高齢者であっても健康であり、自力で生活するのが望ましいのはいうまでもありませんね。だからこそ、自分の健康管理には常日頃から気を付けて定期的に健康診断を受けましょう。そして、その健康の目安の一つがHDLの数値であることを忘れないでください。

3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪脂肪を下げる200%の裏技

出典 http://

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう