β-カロテンの強力な抗酸化作用

中性脂肪,コレステロール,メタボ,ダイエット,悪玉コレステロール

β-カロテンの強力な抗酸化作用
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

β-カロテンは、その強力な抗酸化力でLDLコレステロールを酸化する活性酸素を消去してくれます。

これまで動脈硬化の原因は、悪玉LDLコレステロールそのものにあると考えられてきましたが、近年、本当の原因はそのLDLが活性酸素によって酸化されることにあることが分かってきました。

このLDLの酸化を防ぐ方法の一つが、食物に含まれる抗酸化物質、つまり活性酸素を消去し、酸化をとめる作用(抗酸化作用)をもった物質をとることにあります。そんな抗酸化物質の一つがβカロテンです。
カロチノイド色素の一種で活性酸素を消去する働きがあります。

ここで活性酸素とはどのようなものなのかみてみましょう。

まず、活性酸素は非常に毒性が強く、しかも不安定なので、他の物質と結びついて、悪さをしでかすという性質があります。
例えば細胞内の核酸と結びつくと、遺伝子の本体であるDNAの鎖を気って、発がんの原因を作り出します。

また、不飽和脂肪酸と結びつくと過酸化脂質になります。
この過酸化脂質は、猛烈な悪役で、細胞を傷つけ、動脈硬化やガンを誘発するのです。

とはいえ、活性酸素は必ずしも悪事ばかり働くわけではないんです。外から体内に侵入してきたウイルスや細菌を殺すという、大変重要な役割もになっています。

活性酸素ができる原因としては、タバコやお酒、排気ガス、紫外線、酸化した食品などが考えられます。強い精神的なストレスを感じたり、激しい運動をしても活性酸素は生じます。
さらに、呼吸によって普通に酸素を体内にとり込んでも全酸素の2%程は活性酸素になるのです。

ただし、体内にはSOD(スーパー・オキシド・ジスムターゼ)という酵素がそなわっており、活性酸素はその酵素反応によっても取り除かれます。

ところが、必要以上に増えた活性酸素がSODによって解毒されず、残ったり30才ころから少なくなって少なくなってしまうのです。

活性酸素による病気から体を守るためにSODの働きを支え助ける必要がでてきます。そんな抗酸化物質をしては、ビタミンEやC、セレニウムなどがあげられますが、中でも最も抗酸化作用が強いのがβカロテンです。

βカロテンを多く含む食品は何といっても緑黄色野菜です。特ににんじん、かぼちゃ
春菊、ニラ、小松菜、ほうれん草などどれも身近な野菜ばかりなので毎日の献立により多く取り入れるようにつとめましょう!

コレステロールと中性脂肪が下がる100のコツ

出典 http://

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ