HDLコレステロールの不足が動脈硬化の原因に

中性脂肪とコレステロールの自己診断

HDLコレステロールの不足が動脈硬化の原因に
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

HDLコレステロールの値が低いといけないのか?

コレステロールの摂り過ぎは問題だというイメージがありますが、逆にHDLコレステロールの不足こそ問題です。これが少ないと動脈硬化を起こします。

日本動脈硬化学会は脂質異常症の診断基準として、HDLコレステロール40mg/㎗ 以下を、低HDLコレステロール血症と定めており、メタボリックシンドロームの件さ項目にも入っています。
60mg/㎗ 以上あることが理想です。

 不測の一番の原因は運動不足です。運動をすることで、HDLコレステロールを高めなければいけません。
また喫煙や肥満も不足の原因に挙げられます。

タバコを吸っている人は、すぐに禁煙することがHDLコレステロールを上げるための効果的な方法です。
さらに、アルコールについても、HDLコレステロール値を上げることがわかっています。
お酒を飲むことは、HDLコレステロールをあげるためにはおすすめです。

LDLコレステロールがひくいのもがん発症の原因になるかも

LDLコレステロールは高いといけないのでしょうか?

一方LDLコレステロールは悪玉とも呼ばれ、嫌われ者ですが、細胞膜やホルモンの材料として必要な物質です。100mg/㎗以上なくてはいけません。またLDLコレステロールが低いと、がんになりやすいともいわれ始めました。

LDLコレステロールが多いと、動脈硬化に結びついて心配だという人が多いのですが、そうではありません。
LDLコレステロールが高くて、動脈硬化になっているという人は実はあまりいません。

逆にHDLコレステロールが低い人は、確実に動脈硬化になります。
LDLコレステロールが高くても、HDLが高ければ問題ないのです。
要はHDL、LDLコレステロールともほどよく高めがいいということです。

動脈硬化は、HDLコレステロールが低いことに加え、高血圧、高血糖、高血糖、
喫煙をする、ストレスがあるなどが、かさなりあったときにおこります

コレステロールを下げるのに薬を飲む必要はありませんよ

コレステロールが高かったら、薬で下げるの?

コレステロールを下げるのに、本来薬はいりません。
しかし日本人はコレステロールに敏感ですねー。

悪玉コレステロールなどという表現が定着しているので、コレステロールが高いのは相当悪いイメージがあるようです。
だから健康診断でちょっとでも高い値が出ると、下げてもらいに病院にいきます。

そして病院では大抵スタチンという薬を処方します。しかしこの薬は、飲むと体がだるくなり、元気がでなくなるという副作用があります。

それは、この薬がコエンザイムQ10をブロックしてしまうからなんです。
これがブロックされてしまうとエネルギーがでなくなってしまうのです。

ですからコレステロールが高いのは、大した問題ではなく、それを下げるために薬を飲むほうが、よほど問題が大きいのです。

3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪脂肪を下げる200%の裏技

出典 http://

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録