今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ホルモンのおかげで女性は脂質異常症になりにくい

中性脂肪とコレステロールの自己診断

ホルモンのおかげで女性は脂質異常症になりにくい
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

女性は脂質異常症になりにくいと言われるがそれは本当??

確かに女性は、脳梗塞や心筋梗塞、脳出血など、動脈硬化によって引き起こされる病気になりにくいといわれています。
また「エストロゲン」といわれる女性ホルモンのおかげです。エストロゲンは本来排卵を促したり乳房や子宮を発達させたりするホルモンですが、他にも血液中のコレステロールを減らし、、結果として脂質代謝異常症になりにくくし、動脈硬化の進行を抑える働きを持っています。

しかしそれも閉塞を迎えるまでの事、更年期以降、エストロゲンの分泌がへるとコレステロール値が急激に上がり、脂質異常症になりやすくなってしまいます。

当然動脈硬化によって引き起こされる病気の発症率も高まります。
女性でも更年期以降は、食事の内容を見直し、運動でセストロゲンにたよらなくても脂質異常症になりにくいか荒田にしておくことが大切ですね!

厚生労働省「国民健康・栄養調査」(平成16)より

出典 http://

食べすぎや運動不足が原因。子供の脂質異常症が増える

脂質異常症なんて大人だけの病気でしょう??

コレステロールの中性脂肪の異常を脂質異常症と読んでいます。ですから脂質異常症は、かつては、おとなになってから起こるものだと考えられてきました。
ところが近年、子供の脂質異常症が増えています。

脂質異常症は、たいてい肥満を伴います。肥満傾向にある子供は、30年ほど前に比べて、1.5~2倍になっています。食べる量に比べ、体を動かさなくなっていることがその理由でしょう。

子供の脂質異常症があるからといって、コレステロールの摂取をやみくもに減らすわけにはいきません。コレステロールは細胞膜やホルモンの材料となるため、極端に不足すると、成長障害を起こす危険があります。

子供たちの脂質異常症の多くは、家族の食生活が影響しています。
家族全員で栄養バランスを考えた食事内容に変更していくことが大切ですね。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸