この食事のとり方のコツ7カ条を守れば中性脂肪脂肪値は下がる上に肥満も解消できます。

中性脂肪,コレステロール,メタボ,ダイエット,悪玉コレステロール

この食事のとり方のコツ7カ条を守れば中性脂肪脂肪値は下がる上に肥満も解消できます。
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

中性脂肪脂肪を下げるための食事のとり方には7つのコツがあります。
その前に、食べたものって体内で一体どのように中性脂肪にかわるのでしょうか。

三大栄養素のたんぱく質、脂質、糖質(=断水化物)は体内で代謝されて、いずれも中性脂肪になります。
たんぱく質はこの中では脂肪になりにくい栄養素です。

脂質は当然脂質になり安い要素です。脂質は当然中性脂肪になるので、そのとり方やとる量にも気を配らなければなりません。

糖質はエネルギーとしてもえますが、余って使われなかった残りが中性脂肪脂肪にかわり、皮下や内臓に蓄えられて、全身の血液を回ります。

以上の事から中性脂肪をふやさない食事のひとつのコツは、脂質や糖質を必要以上に取り過ぎないようにすることです。糖質は燃やせば、脂肪としてたまらないのですから自分が燃やしきれる量だけをとればよいのです。

また、糖質にはいくつか種類があいりますが、中性脂肪になりやすいのが、単純糖質と呼ばれる種類です。

これは、砂糖(ショ糖)や果物に含まれる果糖などの甘い糖類です。

これに対し中性脂肪になりにくい糖質は、燃焼度が高いでんぷん系の多糖類でごはんや麺類、イモ類はどに多く含まれています。

つまり、糖質は果糖やしょ糖の多い菓子類をひかえてご飯やイモ類からもとるようにする。
あとは、あのハチミツにも単純糖質の仲間です。

次に脂質です。中性脂肪に関して言えば、脂肪酸の種類に気を配るというよりは、まずは油脂の絶対量を減らせません。

不飽和脂肪酸と飽脂肪酸を比べてみたら不飽和脂肪酸の方が中性脂肪になりにくいのは事実です。
そのために植物脂がよいとか肉より魚がいい大事なのは「絶対値」を減らすことです。


特に肥満があって体脂肪を落とす必要もあるのなら、特定の種類の脂質にこだわって意識的にとる必要もありません。
人間の体に必要な必須アミノ酸は普段に生活からで充分で、ここはむしろ油脂を控えるようにして効率よく痩せる道を
選びます。


中性脂肪値を改善させるうえで大きく影響するのが食事の時間です。
最近になって夕食時間がずれて寝るまぎわまで食事をとる人が増えたことから高中性脂肪血症か急増していますよね。
わたしもそのうちのひとりかもしれません。

中性脂肪は血液中でリポタンパクという小さな粒子になって代謝されますが、この仕組みは、食べてすぐ寝るとなぜかうまく働きません。処理しきれず残ったものが中性脂肪をあげて動脈硬化の原因となります。

さらに喫煙やアルコールの飲み好き、ケーキの食べ過ぎ、過剰時なストレスが脂肪の代謝能力の劣化を助長します。
特にストレスで過剰なストレスは、脂肪を処理するための細胞の仕組みまで壊してしまいます。
また、ストレスの多い時ほど空腹を感じて食べ過ぎに走ってしまします。


ところで先程、糖質はご飯などからとるようにするといいといいましたが、中性脂肪の改善と同時に肥満をも目指す人はの解消をもめざし、とにかくごはんを控えようといいました。
しかし、ご飯を控える必要はなく、むしろ一口15~20回噛んで食べるようにしましょう。

このようによく噛んで食べると、デンプンがブドウトウに分解され効率よくエネルギーにかわるからです。

逆に、噛まないで早食いをすると、胃も脳も不満のままで、ついつい間食に手が出てしまいがちです。

脂質の代謝に欠かせない補酵素(=ビタミンン)を豊富に含む野菜をたっぷりととることも大事なコツです。
野菜は食物繊維が多く、食物繊維は脂肪を包んで体外に排出してくれるので絶対欠かせません。

以上が、中性脂肪値を改善するための食事のとり方です。
根本的な理論をしっかり把握し、これらのコツを実行しさえすれば、食品の選択などは自由です。

時には自分にご褒美をあげながら長く続けましょう。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!