にんにく醤油が血液をサラサラにしてくれます。

中性脂肪,コレステロール,メタボ,ダイエット,悪玉コレステロール

にんにく醤油が血液をサラサラにしてくれます。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

健康調味料のニンニクしょうゆを毎日の料理に使えば血圧やコレステロールを下げて、血液の循環がよくなります。

ニンニク特有の臭いの元になっているのは、アリシンと言う成分です。
アリシンには強い殺菌力と抗菌力のあることが知られていますが、生活習慣病の元凶である高血圧を改善したり、コレステロールを低下させる働きもあることがわかっています。

これはアリシンがもつ、ビタミンB1の効果を高める働きと深く関係しています。
ビタミンB1には糖質をエネルギーに変える働きがあります。しかし不足するとその働きがうまくいかなくなったり、体内に乳酸と言う疲労物質が溜まってしまいます。

乳酸は乳酸タンパクを作り、肩こりや腰痛などを起こします。そして、それがひどくなると、血圧やコレステロールが上昇し、血液や血管に悪影響を与えてしまうのです。
アリシンには、こうしたビタミンB1の働きを助け、さらに乳酸タンパクや余分な資質を体外に排出する働きがあるのです。

このニンニクの特攻成分を生かした健康調味料がにんにく醤油です。
その名の通りニンニクを醤油に漬けただけですが、醤油にはニンニクの成分がしみ出て、ニンニクには醤油の色と風味が移って黒くなります。

このにんにく醤油を醤油入れに移して台所や食卓に置き、こまめに料理に使うことをお勧めします。
和風料理によく合うので、例えば焼き魚や和風サラダのドレッシングに使ったり、また焼肉等の炒め物のタレにしても良いでしょう。

黒くなったニンニクのほうは、薄くスライスして冷奴のせて、さらに、にんにく醤油をかけて食べるとおつな味が楽しめます。
このにんにく醤油の利点はなんといっても常用できる点にあります。
毎日使えるので糖質の代謝機能は活性化され、疲労物質はたまらず血液の循環も良くなります。
その結果、慢性的な疲労は改善され、スタミナもついてくるはずです。
さらに脂質の分解も促進されるので、血圧やコレステロールが下がってきます。

つまり、血管は若々しく、血液はサラサラになっていくと言うわけです。

作り方はとても簡単。

ニンニクは小片に分けて薄皮をむき、洗わずにそのまま保存瓶の約2分の1まで入れます。
次に、びんがほぼいっぱいになるまで醤油を注ぎます。
そしてこのまま3週間ほどすればでき上がりです。

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ