EPSが豊富なのは、背青魚だ!

中性脂肪とコレステロールの自己診断

EPSが豊富なのは、背青魚だ!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

イワシ、アジ、サンマ、サバなどの背の青い魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)と、DHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。

EPAとDHCは、HDLコレステロールを増やしLDLコレステロールをと中性脂肪を減らすという非常にすぐれた作用をもっています。

また赤血球の膜を柔らかくして、血症版に作用して血液の流れもよくしてくれます。

EPAの吸収率は煮たり焼いたりすると約80%、揚げると約50~60%に低下します。

ですから背青魚は刺身など生で食べるのが一番です。またEPAには、空気に触れると酸化しやすい性質があるので、鮮度の良い魚を選び、抗酸化ビタミンを含む野菜とあわせて食べるのがベストです。

一方DHAは、脳の神経の情報伝達を促すので、物忘れの予防など、脳の活性化にも効果があります。

海藻類はミネラルの宝庫です。ミネラルは体の調子を整えてくれます。

”カ”は海藻類。昆布屋ワカメに含まれるぬめりの成分のアルギン酸は、コレステロール値を下げたり血糖値の急上昇を防いでくれます。

またフコダインという水溶性食物繊維は、腸内の余分なコレステロールや有害物質をからめ取り、対外に排出してくれます。

海藻類は、カルシウムや亜鉛、マグネシウムなどミネラルの宝庫です。
ミネラルは新陳代謝を活発にしたり、血圧や血糖値を調整するなど体の調子を整えてくれます。

ひじきは海藻類の中でも特にミネラルが豊富です。
また肉はや大豆などのタンパク質と一緒にとると、カルシウムだけでなく、鉄分の吸収も高まります。

最近、わかめやひじきに含まれる褐色の色素成分フコキサンチンに、LDLコレステロールを減少させる働きがあるという動物実験の結果も発表され、注目されています。
海藻類は低カロリーなため、たくさん食べても肥満の心配がありません。

3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪脂肪を下げる200%の裏技

出典 http://

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録