コレステロール量を正常にコントロールできるのはしいたけだけ

中性脂肪,コレステロール,メタボ,ダイエット,悪玉コレステロール

コレステロール量を正常にコントロールできるのはしいたけだけ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

しいたけは、その特有の成分がコレステロールの低下に著効を示す最高の食品です。

最近シイタケのさまざまな効果が科学的に解明されています。まず、国立健康・栄養研究所の鈴木慎次郎先生が行った動物実験をご紹介します。

年齢を重ねるごとに血圧が上がっていく特殊な高血圧ラットに、干ししいたけのもどし汁を飲ませました。
すると水だけを飲ませたラットに比べてもどし汁を飲ませたラットに比べて血圧の上昇が抑えられました。
その効果は血圧だけではありませんでした。
なんと血中総コレステロール値も大幅に下がったのです。
(※グラフ①参照)

この実験をもとにして群馬大学の中の先生は、学生に毎日しいたけを食べてもらい、血中のコレステロール値の変化を調べる実験を行いました。

すると、わずか3週間後には、総コレステロール値が10%も下がったのです。
さらに善玉のHDLコレステロールが30%以上も上昇していました。

このことから悪玉のLDLコレステロールが25%以上減少していたのです。

つまり、しいたけの常食は善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを下げるという、まさに理想的な健康効果をもたらしてくれたのです。

この効果をもたらした理由の一つにエリタデニンというしいたけ独特の成分にあります。
コレステロールは8割近くが肝臓など体内でつくられ、残りは食べ物からとり入れられます。
食事でコレステロールを多くとりすぎた時は、肝臓でつくる量を減らしてコレステロール値を正常にコントロールします。

この調整を行うのが、エリタデニンなのです。

きのこの種類はたくさんありますが、このエリタデニンを多量に含んでいるのはしいたけだけです。
ほとんどのきのこにはない貴重な成分と言われています。

なお、しいたけは、LDLコレステロールが酸化するのを防ぐ物質も含まれており、エリタデニンやこうした物質が血管を動脈硬化から守ってくれるのです。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう