L-カルチニンを含む羊肉は健康志向のたんぱく源です

中性脂肪とコレステロールの自己診断

L-カルチニンを含む羊肉は健康志向のたんぱく源です
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

野菜や魚以外で、体にいいお肉がありますよ!

アミノ酸の一種であるL-カルチニンは、体内の脂肪を燃焼させ、脂肪の蓄積を抑えるために、なくてはならない栄養素です。体内でもわずかな量がつくられていますが、多くは肉類を食べることでL-カルチニンを摂取しています。
中でも多く含まれるのが羊肉で、豚肉の7倍、牛肉の3倍と圧倒的な差をつけています。

体内にとり込まれたL-カルチニンの大半は、筋肉に運ばれ脂肪を燃焼してエネルギーを生むために運ばれていきます。

体内にL-カルニチンがあれば、血液中の余分な中性脂肪はエネルギーとしてどんどん燃焼し、高中性脂肪血症の予防や解消に役立ちます。
そして残りは、アセチル-L-カルチニンという形になってその一部は脳に運ばれていきます。

脳内の「情報伝達物質」のうち、記憶力や学習能力などに深く関係しているものが「アセチルコリン」と呼ばれる物質で、L-カルニチンはアセチルコリンの生成に必要不可欠です。
その為、L-カルニチンの摂取で、アセチルコリンを増加すれば、脳の活性化に効果があるとされています。

そして脳の活動を活発にして、認知症などの病気を予防するとともに、心身の疲労を回復させるためにも役立っているといわれています。

また、L-カルニチンには、筋肉疲労を防ぎ、回復を早める効果もあるため、L-カルニチンの摂取により、エネルギー生産が円滑に進み、疲労物質である「乳酸」の増加が抑えられます。

臭みが気になるなどの理由で、日本でこれまでなかなか定着しませんでしたが、健康志向の時代にふさわしいたんぱく源として、これからは見直されていくでしょう。

3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪脂肪を下げる200%の裏技

出典 http://

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!