アルコール、果物が、外食が中性脂肪値を高くします。改善するにはこの3つのコツを実行してください!

中性脂肪,コレステロール,メタボ,ダイエット,悪玉コレステロール

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう



コレステロールを下げる7つのコツは前回説明しましたが、中性脂肪値については不十分でしたので、ここで説明します。
血液中に中性脂肪が多い方は、別にアルコールやお菓子、果物、外食を禁止しているわけではありません。
その「とり方」問題と言うことです。

中性脂肪は、余分なエネルギーが体に蓄えられたもので、通増ならこの蓄えはエネルギー不測の時に使われます。
しかし蓄えが多くなりすぎると」血液中にもたまり血液検査では「中性脂肪が多い(中性脂肪値が高い)」となるのです。
ですから、血中脂質のうち中性脂肪をへらすには、エネルギーを余分にため込まないことが必要で、それには

①脂質や糖質を必要以上にとらない。

②糖質は、ご飯やイモなどからとりお菓子や果物を控える。

③脂質は種類を選ぶ前に絶対量を減らす。

のコツを知っておくと都合がよいというわけです。

この①②③をみてわかる通り、中性脂肪が多いからと言って食事(食品)から脂肪分を締め出せば済む訳ではありません。むしろ脂肪の多い魚は取るべきだし、例え脂肪分をとらなくてもアルコールやお菓子を食べさえすれば」中性脂肪脂肪は増えます。

良く「アルコールなら脂肪にならないから」と安心する人もいますが、これは間違っていますよ。
お菓子は脂肪がないから平気」とか「果物なら大丈夫」これも間違いですよ!

外食は家庭料理に比べて高エネルギー食、高コレステロール食です。したがって中性脂肪やコレステロール値の高い人はメニューの選びかあたと食べる時間帯には注意とコツがいるわけです

コレステロール・中性脂肪がみるみる下がる100のコツ

出典 http://

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう