次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

酸化LDLコレステロールが動脈硬化を招く

中性脂肪とコレステロールの自己診断

酸化LDLコレステロールが動脈硬化を招く
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

動脈硬化は血液中のLDL(悪玉)コレステロールが多くなることでおこります。そのリスクをさらに上昇させるのが、酸化によって劣化したコレステロールなのです。

酸化LDLコレステロールとは??

動脈硬化になるリスクは「酸化」によって上昇する。

動脈硬化とは動脈が硬く狭くなり、全身を循環する血液の流れが滞ってしまう状態をいいます。症状が進行すると、脳梗塞や心筋梗塞など生命に関わる病気につながる、非常に恐ろしいものです。

 血液中のLDL(悪玉)コレステロールの値が高いと、動脈硬化になるリスクは上昇しますが、その真の悪玉が、「酸化LDLコレステロール」だと言われています。
酸化LDLコレステロールとは、その名の通りLDL(悪玉)コレステロールが酸化した状態のことです。血管壁に入ったLDL(悪玉)コレステロールが活性酸素によって酸化すると、動脈硬化を招く元凶となるのです。

 体内では、この酸化LDLコレステロールを異物とみなし、白血球の一種であるマクロファージがやってきて食べてくれます。これは、外敵から体を守る免疫反応です。しかし、マクロファージが酸化LDLコレステロールを食べ続けると、油の固まった泡沫細胞となり、動けなくなって血管壁に蓄積し、血管にコブ(プラーク)ができてしまいます。これが大きくなればなるほど、血管内部は狭くなってしまい、その結果、サラサラと流れていた血液の流れはやがて滞ってしまうのです。

 注意すべきは、血液中のLDL(悪玉)コレステロール値が低くても、酸化LDLコレステロールの値が高い人もいます。特に喫煙者や糖尿病の人にその傾向があります。
タバコに含まれる有害物質は酸化ストレスを増やしてLDL(悪玉)コレステロールを酸化させます。
糖尿病で血糖値が高くなると、LDL(悪玉)コレステロールに糖が付き、これにより非常に酸化されやすくなってしまいます。

 コレステロールは体に必要不可欠なものですが、一つ付き合い方を間違えれば私達の生命を奪う「サイレント・キラー」にもなります。普段からLDL(悪玉)コレステロールを低く保つことを心がけるのはもちろんですが、タバコをやめたり、抗酸化食品を取ったりするなど、酸化コレステロールを増やさない工夫も必要といえるでしょう。

動脈硬化が進むメカニズム

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

ピックアップ!

ピックアップ!

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?