負のスパイラルにご用心

中性脂肪とコレステロールの自己診断

負のスパイラルにご用心
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

アディポネクチンの値が低いと万病を引き起こす

人々に健康をもたらすアディポネクチンですから、値が低いと心筋梗塞や糖尿病といった病気にかかるリスクが高まります。

基準値は若いころの体重

内臓脂肪を減らせばアディポネクチンは増える

アディポネクチンの数値は、血液検査で調べることができます。
健康保険が利かない自費診療なので費用は数千円とそれなりにかかりますが、心筋梗塞や糖尿病にかかるリスクを考えればむしろリーズナブルですよね。

 また血液検査をしなくても、若い頃と現在の体重を比較する事で、ある程度自分のアディポネクチンの量を推測することができます。

男性なら20歳の頃に比べて10Kg以上体重が増加した人、
女性なら18歳の頃に比べて8Kg以上体重が増加した人
は、アディポネクチン値が平均以下である事が多いからです。

 なぜこれで分かるかというと、男性は20歳、女性は18歳の頃までには体の骨格や筋肉ができ上り、その人にとってもっとも適正な体重と考えられるからです。

そしてその後に増えた体重はほどんどが脂肪の重さなんです。
つまり、若いころに比べて体重が増えている人はその分内臓脂肪が増量していると同時にアディポネクチンが減ってしまうのです。

アディポネクチン量の低下が招く病気

アディポネクチン量の低下が招く病気

上の図からも分かるように、アディポネクチンが減ると動脈硬化やがんに可能性が高くなります。
だからこそ、内臓脂肪を減らしてアディポネクチンを増やす取り組みをしなければならないのです。

アディポネクチンを増やすことは何歳からでも可能です。

中性脂肪脂肪とコレステロールを下げる食事や食べ方、生活習慣、運動は内臓脂肪の減少にもつながっているので、内臓脂肪もしっかり減らしていきましょう!

 ちなみに、アディポネクチンは遺伝的な要因で多い人、少ない人がいます。
例えば、親や兄弟などのなかに糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などを患った人がいる場合はアディポネクチンの値が低い可能性があるので特に注意が必要です。

一方アディポネクチンの多い家系の人も、太って内臓脂肪がふえると値がさがるので油断は禁物ですよ。

中性脂肪脂肪とコレステロールを下げる新習慣

出典 http://

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法