カロチノイドやポリフェノールが動脈硬化の危険を減らします。

中性脂肪,コレステロール,メタボ,ダイエット,悪玉コレステロール

カロチノイドやポリフェノールが動脈硬化の危険を減らします。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カロチノイドやポリフェノールがLDLコレステロールの酸化を防いで動脈硬化の危険性を減らしてくれます。

近年、動脈硬化を引き起こす大きな要因が、悪玉のLDLコレステロールの酸化にあることがわかってきました。その酸化の張本人が活性酸素です。

本来人間の体には、この活性酸素を捕らえて中和・消去し、無毒化するSODと呼ばれる抗酸化酵素が備わっていますし、食べ物で抗酸化力のあるビタミンC・Eを体にとり入れて活性酸素を無毒化しています。

しかし、激しい運動や喫煙、紫外線、あるいは精神的なストレスを加えると活性酸素を処理しきれなくなるうえに、年齢とともにSODの量も減ってきます。

そこで動脈硬化など生活習慣病を予防し健康で快適な生活を送るためにビタミンC・Eをしっかりとることに加え、様々な抗酸化物質を積極的にとるとこが必要になってきます。

天然の抗酸化物質は、特に植物に幅広く含まれています。植物の葉や花、花粉、茎、樹皮、果物などに含まれている色素成分や渋み、苦み、辛み、えぐみ、それに香り成分の中に、実は体の酸化を抑える力(抗酸化力)があるのです。

そんな植物の色素成分としてカロチノイドがあります。

黄色や赤の色素成分で、強い抗酸化作用をもっています。β-カロテンはこのカロチノイド色素の代表格です。

また近年、特にその抗酸化作用の強さで注目されているのがポリフェノールです。
ポリフェノールとは光合成によってできた植物の渋みや苦み、辛み、えぐみ成分の総称です。

こうした天然の抗酸化物は何も特別なものではなく、野菜や果物、緑茶などの植物性の食品や飲料に多く含まれています。みなさんも抗酸化食品をたっぷりとって、LDLコレステロールの酸化予防や生活習慣病予防に努めてください。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録