知らないうちに進行している

中性脂肪とコレステロールの自己診断

知らないうちに進行している
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

検診で見逃される食後高中性脂肪血症のリスク

人間ドックや健康診断で、中性脂肪の値が基準値以内でも、安心してはいけません。
中性脂肪の残りカス(レムナント)が動脈硬化の原因になるのです。

検査結果が基準値内でも要注意!!

検診では気付かれにくい食後高中性脂肪血症

コレステロールや中性②脂肪の値が基準値以内でも、問題がないというわけではありません。なぜなら、検診では、「食後高中性脂肪血症」が見逃されがちだからです。
 
 中性脂肪値は食事の影響で変動しやすく、特に食後は上り幅が大きくなります。
一般的に、中性脂肪の正常値は、30mg~150mgと言われています。
 食後の高中性脂肪値が200mg/㎗ 以上の人は「食後高中性脂肪血症」の可能が高く、数値が低い人に比べて心筋梗塞や狭心症などの重大な病気にかかるリスクが約3倍も高まります。そのため、食後の中性脂肪値も知っておく必要があるのですが、検診は食事を10時間以上抜いた状態で採血されることが多いので、異常が見逃されてしまうのです。

 中性脂肪は普段はエネルギーを源として体脂肪に蓄えられていますが、血液中に増えすぎると動脈硬化の原因となります。

 中性脂肪ができるルートは2つあります。食べ物に含まれる脂肪によって血液中に中性脂肪が増える外因性中性脂肪脂肪と、肝臓で合成されてできる内因性中性脂肪です。動脈硬化の原因となるのは、内因性中性脂肪です。外因性中性脂肪は、食後一時的に増えるだけなので、原因にはなりにくいのです。
 
 食後高中性脂肪血症を放っておくと動脈硬化がますます進み、心筋梗塞や狭心症などのりすくはさらに高まります。そのため、動脈硬化の有無を調べる「頸動脈エコー検査」などの精密検査を、検診とは別に受けてください。

3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪脂肪を下げる200%の裏技

出典 http://

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ