病気から体を守ってくれる!

中性脂肪とコレステロールの自己診断

病気から体を守ってくれる!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

長寿ホルモン「アディポネクチン」とは?

別名「長寿ホルモン」と呼ばれるアディポネクチンには、人々に健康をもたらす要素がいくつも備わっています。

アディポネクチンの健康パワー!!

アディポネクチンが多い人は健康な人が多い

アディポネクチンは、体の脂肪(脂肪細胞)から分泌されるホルモンで、これが少ない人は心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病やガンにかかりやすいう調査結果が出ています。
また、100歳以上の人のアディポネクチンの量は、平均の2倍以上あることから、アディポネクチンは「長寿ホルモン」とよばれています。

 アディポネクチンは筋肉での脂肪の代謝を活性化し、燃焼を促進することで中性脂肪を減らす効果があります。

 またアディポネクチンには、血糖値を下げるインスリンの働きをサポートする作用もあるので、糖尿病を予防・改善してくれます。そしてインスリンの効きが悪いとナトリウム(主に食塩に含まれる成分)が増えて血圧が高くなりますが、アディポネクチンの働きにより高血圧の予防。改善にも役立ちます。血液中のコレステロールや中性脂肪が高い高脂血症、糖尿病、高血圧は血管の老化(動脈硬化)を進行させますが、アディポネクチンは傷んだ血管を直接修復するので、動脈硬化の改善にも貢献しているんですね。

脂肪細胞とアディポネクチンの関係

ほかにも、腫瘍細胞の増殖を抑える抗がん剤のようなは働きもあります。特に乳がん、大腸がんなどは、アディポネクチンが減ると発生率が2~3倍に跳ね上がることが明らかになっています。

 まさに「奇跡のホルモン」というべきアディポネクチン。しかし、脂肪細胞から分泌されるにもかかわらず太って内臓脂肪が増えると、脂肪細胞が膨れて炎症を起こし、アディポネクチンの分泌が減ってしまうという特性があります。腹囲(ウエスト)が太ってメタボになると病気になりやすいのはこのためです。

 アディポネクチンを増やすには、内臓脂肪を減らして肥満体系を解消する必要があるといえます。しかし、やせていても両親の遺伝でアディポネクチンが少ないをいう人もいます。
そのような人は、豆腐や青背魚、柑橘類の皮、海藻類、アマニ油、えごま油、緑黄色野菜などを食べると効果的といわれています。

3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪脂肪を下げる200%の裏技

出典 http://

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ