納豆からとれるナットウキナーゼは血液の凝固を防ぎ血栓を溶かす

中性脂肪とコレステロールの自己診断

納豆からとれるナットウキナーゼは血液の凝固を防ぎ血栓を溶かす
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

注目すべきは、納豆に含まれるナットウキナーゼです。
納豆でしか摂取できない酵素で、血液の凝固を防ぎ血栓を溶かす作用があります。
炭水化物(=糖質)をとりすぎると、中性脂肪が血液中に大量に増え、血液の流れを悪くしてしまいます。

このようなときにナットウキナーゼが威力を発揮します。納豆を食べることで、ナットウキナーゼが血小板に作用して、固まりやすくなった血液をサラサラにするのです。血栓は寝ている間にできやすいので、納豆は夕食に食べるのが効果的です。

納豆に含まれるビタミンB2 は、大豆の約2~3倍あります。ビタミンB2には、摂取し炭水化物(=糖質)が、体内でエネルギーに変わるのを助ける作用があるので、肥満の予防にもなります。

もともと大豆や大豆製品は、健康成分がたっぷり入った優良食品ですが、
その中でも納豆は、さらに一段、格が違うといっていいほど優秀な食品です。

”ス”は酢。健康食品としても有名な酢もありますね。
酢には、動脈硬化や糖尿病、高血圧を予防するアミノ酸が豊富に含まれており、まさに生活習慣病の予防にピッタリの食品といえます。

酢酸を主成分とする酢ですが、酢酸のほかにも、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸など有機酸が豊富で、これらは疲労回復に大きな効力を発揮します。

酸味のもとであるクエン酸は、抗酸化力が高いので、LDLコレステロールの酸化を防ぎ、超悪玉コレステロールの発生を抑制します。

また血中の老廃物を排出を促し、赤血球の膜をしなやかにして血液の流れをよくします。また黒酢やバルサミコ酢など、発行・熟成の進んだタイプは健康効果も高くなります。特に黒酢にはクエン酸が豊富です。

酢は過熱しても、健康効果が変わらないのが強みです。ですから、煮物料理に調味料として食らえるなど、毎日積極的にとるように心がけましょう。

3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪脂肪を下げる200%の裏技

出典 http://

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう