ネギ特有のアリシンがコレステロールを整える。

中性脂肪とコレステロールの自己診断

ネギ特有のアリシンがコレステロールを整える。
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

”ネ”はねぎ。ツンとくる匂いが体にいいんです。

ねぎ特有のツンとくる刺激臭のもとアリシンには、血糖値を下げ、HDLコレステロールを増やしLDLコレステロールを減らす作用があります。
ほかにもアリシンは、消化の促進や殺菌作用、抗菌作用などさまざまな働きをもっています。

また脂肪と結びつくと、抗酸化作用や血栓予防の効能があるといわれています。また、ねぎに含まれるβ-カロテンは、体内でビタミンAに変わり、活性酸素を抑制します。

生の玉ねぎを切っていると、鼻の奥がツーンと痛くなってきます。玉ねぎには硫化アリルという揮発性の催涙成分が含まれているためです。

硫化アリルは、体内でアリシンに変化して今説明したような効能を発揮します。
さらに玉ねぎ特有のピラジンという物質は血小板が固まるのを防いでくれる働きをします。
さらににんにくは、これに加えて赤血球をしなやかにする作用ももっています。

豆腐のタンパク質「グリシニン」に中性脂肪を減らす効果があります。

”オサカナスキネ”以外にもコレステロールや中性脂肪の改善に有効な食品があります。
豆腐もそのひとつです。”オサカナスキネ”で納豆を取り上げたので、同じ大豆食品である豆腐もここでとりあげておきましょう。

豆腐に含まれるたんぱく質の50%を占めるグリシニンには、中性脂肪を減らす効果があります。
また植物性の不飽和脂肪酸である大豆レシチンは、HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールを減らす効果があるため、動脈硬化の進行を予防します。

豆腐に含まれるイソフラボンにも注目です。イソフラボンは植物性ポリフェノールの一種で、代表的な女性ホルモンであるエストロゲンとにた構造を持っています。そのためエストロゲンが激減する更年期前後の女性のつらい症状を緩和したり、ホルモン不足を補ったりすることができます。ほかにも、血液の流れを良くする作用もあります。

3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪脂肪を下げる200%の裏技

出典 http://

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう