コレステロール値や中性脂肪脂肪値のとらえ方

中性脂肪とコレステロールの自己診断

コレステロール値や中性脂肪脂肪値のとらえ方
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

正常化どうか、コレステロール値や中性脂肪値のとらえ方を確認しておきましょう。

脂質異常症という病気は自覚症状がないため、コレステロール値や中性脂肪値が高いかどうかは、定期健康診断などで受ける血液検査で知ることになります。

調べる脂質値は、一般的に「総コレステロール値」やHDLコレステロール値」、「中性脂肪値」の3つです。

総コレステロール値とは、血清中の全てのコレステロールの量のことでHDLコレステロールとLDLコレステロールなどを合計した値をいいます。単にコレステロール値といった場合は、この総コレステロール値のことをしめします。

血液検査では、血液の液体部分である血清1㎗(100㎖)中に何グラムのコレステロールがあるかを測定します。このため、血清総コレステロール値などと呼ぶことがあります。

悪玉のLDLコレステロール値は、普通、定期的な健康診断などの血液検査では測定しません。
一般的には、総コレステロール値、中性脂肪値、HDLコレステロール値の三つの数値から、以下にしめした計算式で値を算出します。

血液検査で得られた脂質値が基準値(正常値より)も高いと分かれば、脂質異常症と診断されます。それぞれの基準値は上の情をご覧ください。

なお、善玉のHDLコレステロール値は、一般的に多い方がよく80mg/㎗以上では心筋梗塞や狭心症といった動脈硬化による病気が少ないとされています。

逆にこの値が低すぎるのはよくありません。動脈硬化を促進してしまうのです。
40mg/㎗未満は異常とされます。

3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪脂肪を下げる200%の裏技

出典 http://

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう