コレステロールの基礎知識

中性脂肪とコレステロールの自己診断

コレステロールの基礎知識
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

食べ物を温め直すとコレステロールが酸化する。

冷めた料理を温めるために、電子レンジなどで温め直すケースはもはや一般的です。
しかし、実はその「温め直し」が危険なのです。

「温め直し」はとても危険!

気を付けなければならない酸化コレステロールの増加

酸化(劣化)したコレステロール(酸化コレステロール)が体内に取り込まれると、
酸化ストレス(活性酵素など)が増え、LDL(悪玉)コレステロールが酸化されやすくなります。
酸化されたLDL(悪玉)コレステロールは、動脈硬化の直接的な原因となり、「酸化LDLコレステロルロール」に変わります。

ちなみに、動物実験では、酸化コレステロールの食事を加えただけで、動脈硬化のリスクが倍になったと言う結果も出ています。

鉄が錆びたり、切ったリンゴを放置して茶色くなったりする現象を「酸化」といいますが、
食べ物は古くなるほど空気に触れて「酸化」起き訳すなります。

たとえば、バターやチーズの黄色が増して変色した部分や、マヨネーズのキャップの周りの半透な部分は、酸化コレステロールの固まりなのです。

この他、空気や紫外線にされさえれたスルメやビーフジャーキー、醤油漬けにして長期保存した筋子やイクラ、レトルトや加工された肉製品、卵黄パウダーを使用したカップラーメン、冷凍コロッケの衣なども酸化コレステロールが多く含まれています。
また、動物性食品を高温で調理した場合にも、コレステロールが酸化されるリスクが上昇します。

その一方で、生物には酸化コレステロールがほとんど含まれていません。
献立を考える際には
なるべく高温で調理したものが多くなり過ぎないように、バランスを整えるようにすることで、リスクを減らすことができるでしょう。

その点、特に注意が必要なの電子レンジでの再加熱です。
加熱調理をする際に便利な道具ですが、電子レンジで食べ物を何度も温め直したり、10分以上加熱したりするともともとの食べ物に含まれている、コレステロールが酸化コレステロールに変化してしまいます。
また、天ぷらやフライなど二度揚げするのも良くないのでなるべく控えるべきと言えます。

中性脂肪脂肪とコレステロールを下げる新習慣

出典 http://

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!